仮想通貨 取引所 ランキング

仮想通貨取引所おすすめランキング-人気なのはここ-

MENU

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ

今注目の仮想通貨。始めるならこの取引所がおすすめ!

仮想通貨が今注目されています。

でも仮想通貨の種類は多いだけでなく、取引所もとても多い…
初心者にとっては
「何を参考に選べばよいかわからない」
「仕組みがわかりにくい」

といった悩みも多いですね。
僕もはじめての時、そう思い、分かるまで調べるのはとても苦労したんです。

今はそこそこ上級者の僕が、使ってみて良かった、おすすめの取引所をランキング形式でご紹介していきます。
あわせて仮想通貨取引所を選ぶポイントもご説明しますよ!


bitbankの特徴

bitbank(ビットバンク)は、2014年設立のビットバンク社が運営するbitbank tradeという取引所から、2017年にbitbank.ccとして新たに派生した取引所です。 ちなみにbitbank.ccは現物取引専門、bitbank tradeは証拠金取引専門の取引所となっています。

bitbankの特徴は取引仮想通貨の多さです。
ビットコインのほか、「アルトコイン」という後発の仮想通貨であるイーサリアム、ライトコイン、リップルなどを取り扱っています。
アルトコインは先行のビットコインの問題点や弱点を改良してできたという強みをもっています。
今後注目される仮想通貨です。




QUOINEXの特徴

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は2014年に設立にシンガポールで設立されました。 2016年に日本に本社が移転されています。

元はQUOIN(コイン)という名前でしたが2017年3月に改称。
円やドルのほかにユーロ、香港ドルなど多くの法定通貨での取引ができるのが特徴です。
そのため通貨ペアが多くなり、選択肢が増えます。
選択肢が多いのはリスク分散の上でとても有利なのです。




BITPOINTの特徴

BITPOINT(ビットポイント)はビットポイントジャパンという企業が運営しています。 同社はエネルギー関連分野などで事業を展開するリミックスポイントの関連会社です。設立は2016年。

上場企業の関連会社なので経営の信頼性・安定性が高いのが特徴です。
日証金信託銀行による顧客資産保全により、破綻しても日証金信託銀行から受益者代理人を通じ顧客へ資産を返還するというシステムがあります。
またメタトレーダー4(MT4)とう多機能・高性能なシステムを導入しています。




GMOコインの特徴

GMOコイン(ジーエムオーコイン)はネット関連企業の大手GMOインターネットグループです。 以前はZ.comコインbyGMOという名称でした。
今回ご紹介する中では、唯一の仮想通貨販売所です。2017年5月から運営を開始しました。

GMOコインの強みは大手企業の参加であることにより、経営基盤が安定しており信頼性が高いことです。
また取引所ではなく販売所なので確実な取引ができます。
さらに出金手数料が無料。出金手数料が無料の所は少ないので魅力大です。



大手取引所のデメリット

ランキングには大手の取引所が入っていません。
それは大手ならではのリスクがあるからです。

大手ゆえに知名度が高いため、利用者が多いです。
そのためシステムの大きな変更や改良を実施しにくいのです。
ですから大手取引所の取引画面、スマホアプリなどは使い勝手が悪い、見にくいなど評判がよくありません。

特にまだ慣れていない仮想通貨取引の初心者には重要な点です。

また大手取引所は手数料が高めなところが多いですし、知名度の高さ・利用者数の高さから、不正ログイン・不正送金やサイバー攻撃などの犯罪の標的にされやすいことも挙げられます。
自分の資産を預けるのですからこれはとても大きなデメリットといえるでしょう。

以上の点から大手の仮想通貨取引所はおすすめしにくいのです。

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ

仮想通貨取引所とは?

 

もともと仮想通貨を有名にしたのは「マウントゴックス事件」
これにより「怪しい」というイメージが先行していた感がありました。

 

しかし最近、国内に26万台ある「AIRレジ」というレジアプリに仮想通貨「ビットコイン」による決済機能が追加され、またSBIといった大手企業も取引所の開設を計画するなど、積極的な話題が多くなっています。

 

2017年4月には仮想通貨法が国会で施行され、安全性も高まりました。
事業者団体である日本仮想通貨事業者協会も設立されています。

 

さらにビットコインで使用されている「ブロックチェーン」とよばれる技術は金融をはじめいろんな分野で使用・研究がなされています。
新たな仮想通貨もどんどん生まれています。

 

仮想通貨を取り巻く環境は確実によりよいものへと変化しました。
資産運用の手段として新たに「仮想通貨取引」というものが定着したといってよいでしょう。

 

その定着とともに、仮想通貨取引所も増えてきました。
仮想通貨取引所は、その名の通り仮想通貨の売買取引を行う所です。
この取引きはインターネット上で行われるのが一般的。ですから取引所もインターネット上に存在しているのです。

 

ここで、仮想通貨を買いたい人と売りたい人を引き合わせます。
そして双方から手数料を取り、収入としています。

 

また多くの取引所は仮想通貨の管理サービスも提供しており、さらに仮想通貨チャートなど取引のためのツールをそろえるなど、いろんなサービスを提供してくれています。

 

仮想通貨の取引所と販売所のちがい

 

仮想通貨の取引所の他によく似たものとして、「販売所」というものがあります。
名前がよく似ていますが、別物なんです。

 

取引所は仮想通貨を売りたい人から購入します。
販売所は取引所や販売所を運営する企業から購入するのです。
今回ご紹介のbitbank、QUOINEX、BITPOINT、GMOコインなどの運営企業です。

 

取引所では売り手がいなければ売買は成立しません。
販売所は確実かつスピーディーに購入できるのが特徴です。

 

その一方で販売所での購入の場合は、提示された価格で購入することになります。
なので割高になってしまうかもしれません。

 

取引所は需要により価格は上下します。
売り手と買い手の価格が釣り合ったときに売買が成立する仕組みです。
オークションなどと同じですね。

 

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ

仮想通貨取引所を選ぶポイント

 

仮想通貨の取引をするならやっぱり良い取引所を選びたいですよね?
でもたくさん取引所はありますし、何を基準に探せばいいのかすら分かりにくいと思いませんか?

 

仮想通貨取引所えらびのポイントは

  • 手数料は安いか?
  • どんな通貨を扱っているか?
  • 企業規模はどれくらい?
  • 安全性は大丈夫?
  • サイトやアプリは使いやすいか?
  • 登録はしやすい?

の6つです。

 

手数料

手数料は数種類あります。

 

取引手数料

仮想通貨の売買が取引されるときに売買金額より差し引かれます。
仮想通貨取引を行うときにもっとも重要な手数料です。

 

入金手数料

取引所の口座にお金を入金しないと仮想通貨を買うことができません。
そのためには銀行など金融機関から口座振込により入金する必要があります。
また取引所によってはクレッジトカードによる入金もできるところも。

 

今回ご紹介した取引所自体が入金手数料をとっているところはありません。
ただし一部クイック入金という振り込んだ金額が即座に取引所の口座に反映されるサービスを行っているところがあり、それを利用した場合は別途入金手数料が発生するものもあります。

 

なお入金のために振込をした金融機関の振込手数料は必要ですのでご注意ください。

 

出金手数料

仮想通貨取引により得た収益は、そのままでは一般の通貨として使用はできません。
取引所の口座から金融機関の口座へいったん移さないといけないのです。

 

取引所から金融機関の口座へ出金するときにかかる手数料が出金手数料です。

 

送金手数料

仮想通貨を送金する場合にかかる手数料です。

 

出金の場合は日本円として出金しますが、送金の場合は仮想通貨のままで送金します。

 

仮想通貨は一般の通貨の送金よりも安いのが特徴。
日本円だとおおむね数百円の手数料なのに対し、仮想通貨だと数十円の場合がほとんどです。

 

【手数料は重要です】

 

手数料自体はそんなに大きな額ではありません。
また各社の手数料の差も少額です。

 

だからたった数円、数十円ちがうだけだから…と思いがち。

 

でも!手数料は取引や入出金のたびに発生するのです。
取引や入出金が多ければ多いほど手数料も総額で大きくなってきます。

 

ちりも積もれば山となると言いますが、まさに手数料はその通り。
あなどれません。
しっかりと事前に確認しておきましょう。

 

【手数料の比較】

取引所

取引手数料(ビットコイン現物取引)

出金手数料

ビットコイン送金手数料

bitbank.cc

0%

540円、3万円以上756円

0.001BTC

QUOINEX

0%

実費出金手数料

無料

BITPOINT

0%

実費出金手数料

無料

GMOコイン

0%

無料

無料


※2017年10月現在

 

取り扱い通貨

 

仮想通貨とひとことでいっても、さまざまな種類の通貨があります。
現物の通貨が日本円や米ドル、ユーロ、中国元などいろんな種類があるのと同じような感じです。

 

仮想通貨といえば「ビットコイン」が有名ですね。ご存知の方も多いと思います。
でも実は他にもたくさんの通貨があります。
その種類は700種以上。
また今後、新しい仮想通貨が誕生してくる可能性も十分考えられます。

 

 

そして気をつけなければならないのは、仮想通貨は各取引所で扱う通貨もちがっているということ。
有名なビットコインは扱っている取引所が多いですが、それ以外の通貨は取引所によって扱っていないことも多いのです。

 

取引所がどんな通貨を取り扱っているか、自分が取引したい通貨はどこの取引所が扱っているのかを確認しておきましょう。

 

 

【取り扱い通貨の比較】

 

取引所

取扱通貨数

取扱通貨

bitbank.cc

4種

ビットコイン、ライトコイン、リップル、イーサリアム

QUOINEX

3種

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ

BITPOINT

2種

ビットコイン、イーサリアム

GMOコイン

3種

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ


※2017年10月現在

 

企業規模

 

大切な資産を預けるのですから、取引所を運営する企業が経営破綻したりすると大変です。
いわゆる「倒産リスク」というもの。

 

倒産リスクをさけるため経営基盤がしっかりとした取引所を選びたいところ。
取引所運営企業の企業規模はひとつの指標となります。

 

運営企業の資本金は必ずチェックしておきましょう。

 

また業界団体である日本仮想通貨事業者協会への加盟の有無も調べておきましょう。
今回ご紹介の取引所はいずれも加盟しています。

 

 

【企業規模の比較】

 

取引所

資本金

設立年月

本社所在地

日本仮想通貨事業者協会加盟

bitbank

11億3100万円

2014年5月

日本

加盟

QUOINEX

20億円

2014年11月

日本

加盟

BITPOINT

4億3000万円

2016年3月

日本

加盟

GMOコイン

17億5800万円

2016年10月

日本

加盟


※2017年10月現在

 

安全性

取引所を探す上で大切なポイント、それは安全性の高さです。

 

仮想通貨を有名にしたのが、マウントゴックス社の起こしたビットコイン消失事件。
これを機により一層、仮想通貨取引所の安全性が重要視されるようになりました。

 

また仮想通貨の人気が高まるにつれ、全世界のハッカーが仮想通貨取引所のハッキングを狙っているともいわれます。
大事な資産が不正送金などの被害にあわないよう、各取引所がどんなセキュリティを導入しているのかを知っておく必要があるのです。

 

二段階認証は必須

 

仮想通貨取引所で不正ログインや不正送金には二段階認証による防止が非常に有効といわれています。

 

二段階認証とは、ログインするときに本人にしか分からない暗号を入力するものです。

 

ポピュラーなものとして、ログイン時に一定時間のみ有効なパスワードをスマートフォンアプリなどを利用して発行。そのパスワードをログイン画面に入力させるという認証方式です。

 

今回ご紹介の仮想通貨取引所はいずれも二段階認証は導入されています。

 

しかし現在は二段階認証を設定するかどうかは任意となっております。

 

たった一手間で安全性が飛躍的に高まります。
仮想通貨取引のときは必ず二段階認証は設定しましょう!

 

使いやすさ

仮想通貨取引は取引所のサイトにログインし画面上でおこなわれます。
そのためサイトの使いやすさ、ボタンや入力項目、配置などのUIが重要
取引を繰り返し、何度も使うことになるからです。

 

見やすいか、使いやすいかなどご自身との相性を見ておく必要があります。

 

また空き時間を利用してスマートフォンやタブレットを使った取引をすることも多いと思いますので、スマホ・タブレットに最適化されたサイトであるかも確認しましょう。

 

さらにスマホ・タブレットの専用アプリがあればなお便利です。
こちらもUI面はチェックしてください。

 

トレードでは素早い取引や分析機能が利益を左右します。日常的な利用をするために、スマホで

 

また各社、取引の参考になるようなチャートなどのツールを用意しております。
それが自分にとって使いやすいかなども見ておきましょう。

 

使い勝手の良いサイトやツールを活用することで、かんたんで効率的な取引ができるところがおすすめです。

 

登録方法

登録はWebサイト上でおこなわれます。
メールアドレス入力とパスワードの設定、住所などの本人情報の入力は必須です。

 

また資産を扱うため、運転免許証など本人確認も求められます。
多くの取引所でのアカウント登録は、本人確認書類の画像(写真撮影した画像データやスキャンしたデータなど)をアップロードしたりメール送信することで本人確認をおこないます。

 

さらに取引所から住所確認のためのハガキが郵送され、それを受け取ることで住所確認をする方式をとるところも多いです。
住所確認が完了するまでは取引が制限されますのでご注意ください。

 

ちなみに口座開設手数料が必要な取引所は少ないです。
今回ご紹介した取引所はすべて無料でアカウント登録・口座開設できます。

 

 

仮想通貨取引所は複数登録するのがおすすめ

仮想通貨取引所は複数の取引所へ登録しておくのをおすすめします。
理由は分散することによりリスク回避をおこなえるからです。

 

資産を分散することにより、取引所の倒産リスクや不正ログイン被害のリスクを軽減するのです。
一つの取引所が倒産したり、不正ログインの被害あったりしても、他の取引所での資産が残っていますので、全ての資産がなくなるという自体は回避できます。

 

また取引所により扱う仮想通貨の種類が異なります。
ですので仮想通貨の分散により、一つの仮想通貨が大幅に値下がりしても、他の仮想通貨によってその値下がりを補填することも可能です。

 

ビットコインなどの仮想通貨はまだ発展途上です。だからこそ取引所もよく調べて比較してみることが大切。
そして複数登録や二段階認証などの設定などの資産を守る工夫も必要です。

 

ぜひこのページを参考にして、ご自身にあう取引所を選んでください。

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ
更新履歴